2015-12-15
東京IT新聞に掲載されました

-車の予測制御技術を農業ITに応用、プラントライフシステムズの松岡社長



–光学生体センサが植物の生育状況を正確に計測



–どんな技術が求められているかを探る営業マン時代



–ベテラン農家の栽培技術をプログラム化



–野菜育成のアルゴリズムを作成する



–センサなどのコスト削減で、中小農家が導入できる


一覧へ戻る
一覧へ戻る