2020-07-22
7月の相模原農場

7月の相模原開発農場の様子です。



トマト苗の背丈は大分大きくなり、もう50センチほどになりました。



プチぷよの赤は 花をつけはじめています。気温が高いと成長が早いです。



ハウス内の真ん中に設置してあるのがセンサーです。



センサーから光、温度、湿度を測定し、また培地の水分量、液体肥料の濃度などのデータをもとに、トマトの状態を推定して、トマトの収穫量や糖度が最大になるように、トマトが水やりの時間や量を教えてくれます。



 



 


一覧へ戻る
一覧へ戻る